1万円借りる

1万円〜5万円を借りる方法

1万円から5万円といった比較的少額なお金を借りる場合ですが、方法としてはいくつか候補があげられます。

 

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカードキャッシング
  • 親・身内
  • 友人・知人
  • ソフト闇金
  • 個人間融資

 

というようにいくつか借りる先はあります。

 

1万円

 

この中でまず絶対に利用してはいけないのは「ソフト闇金」「個人間融資」ですね。

 

ソフト闇金は闇金よりちょっとだけ金利が低いということから、ソフト闇金と言われるようになったのですが、ちょっとだけ金利が低いと言ってもメチャクチャ高いのには間違いありませんので絶対に利用してはいけません。

 

闇金なんてどこにあるのか分からないと思うかもしれませんが、ネット上にソフト闇金というのははびこっています。「ちょっと怪しいかな?」「聞いたことない業者だな」って言う時は絶対に利用しないでください。

 

あと、個人間融資というのも最近利用している人が多くなっていますがかなり危険です。

 

結局のところSNSや掲示板などを使って個人がお金の貸し借りをする個人間融資も相手はほとんどが闇金です。

 

闇金でない場合は、保証料などの名目で先に振り込ませてその後に連絡がつかないという先振詐欺や、女性との性交渉を狙ったひととき融資といった、詐欺になります。

 

ですので、「ソフト闇金」「個人間融資」は絶対に利用してはいけません!

 

ダメ

 

あと、借りる方法というわけではなくお金を作る方法として「クレジットカードカードの現金化」もありますが、これも絶対に利用しないようにして下さい。

 

クレジットカードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法なのですが、これはクレジットカードの規約違反になりバレたらクレジットカードを強制解約させられます。

 

あと、借金が重なっていって自己破産という時に面積が下りないという可能性もあるのです。

 

ですので、クレジットカードの現金化も絶対に利用しないようにしましょう!

 

その他の方法という借り先だと、「友人・知人」もできるだけ避けておいたほうが良いでしょうね。金の切れ目は縁の切れ目になってしまう可能性が大です。

 

まあ、借りる金額が1万円〜5万円といった比較的少額な金額ならば、そんな縁が切れるというほどにはならないとは思いますけどね。絶対にダメというわけではなく避けてたほうが無難ということになります。

 

その他の借り先ならばどこでもいいのですが、1番いいのは「消費者金融」になります。

 

消費者金融で借りるのが1番良い理由

何故1万円〜5万円を借りるのに1番いいのは消費者金融なのか?ということになります。

 

銀行は金利が低くてよさそうだし、親や身内だと利息も払わなくてもいいのにと思う方もいるでしょう。

 

でも、大手の消費者金融では一定期間無利息の無利息サービスがあるのです。この無利息サービスを活用すれば、出来るだけ利息を支払わずに借りることが出来るというわけなのです。

 

30日間など各消費者金融で決められている期間内に完済してしまえば支払い利息は0円ということになります。

 

比較的少額の融資の場合、そんなに長い間借りなくても返済できる可能性が高いです。給料日まで1万円借りたいみたいな感じで。

 

ですので、どんなに銀行カードローンの金利が低かったとしても、無利息期間内に返済するのならば、消費者金融の無利息ローンにはかなわないということになります。

 

しかも大手の消費者金融ならば、即日中に振込キャッシングしてもらうことも可能です。お金が今すぐ必要という場合でも大丈夫なのです。

 

土日や祝日だとしても、金融機関によっては24時間振込できるところもありますし、ローンカードを自動契約機に取りに行ってそのカードでキャッシングしたり、スマホアプリをダウンロードしてセブン銀行ATMでキャッシングもできるのです。

 

ですので、1万円〜5万円といった比較的少額な融資を希望している場合は、以下の無利息ローンのある大手消費者金融を利用しましょう!

 

おすすめの大手消費者金融

プロミス
プロミス

プロミスは1万円〜5万円の比較的少額なお金を借りるのには1番適しているでしょう。
初めての方を対象に30日間無利息なのですが、期間の始まりが初めて利用した日の翌日から30日間なので、契約してしばらく経ってから利用しても無利息期間に無駄がありません。
月々の返済額も最低1,000円からなので無理することなく支払っていけます。
余裕があるときに一気に返済しておくのがいいですね。

 

アコム
アコム

アコムも1万円〜5万円ぐらいの金額を借りるのにはお勧めしています。
アコムはアコムを初めて利用する方を対象として30日間無利息で利用することが出来ます。
こちらは契約日の翌日からなので、すぐに借り入れするときに申し込みするのがベストですね。
3項目の入力で借り入れ可能かすぐに診断してくれる「3秒診断」があるので、乖離レできるかすぐに分かるので利用するといいですよ。

 

アイフル
アイフル

アイフルもアイフルを初めての方を対象として30日間利息0円で利用することが出来ます。
アイフルはネットで契約後にアプリをダウンロードすれば、スマホがローンカードになってセブン銀行ATMでキャッシングすることが出来ます。
ネット契約の時に「カードレス」「口座振替」を選ぶことにより、郵送物は一切なく利用することが出来ますよ。

 

 

少額だから審査が甘いというわけではない

1万円〜5万円の比較的少額な融資ならば審査が甘いので簡単に借りれると思っている人がいます。

 

でも、少額だからと言って審査が甘いということはまずありえません。

 

100万円や200万円といった高額な融資を希望している方に比べて、1万円〜5万円ぐらいの少額な融資を希望している方のほうが、希望融資額を借りれる可能性は高くなります。

 

でも審査が甘いということではないのです。

 

審査に関しては高額希望の人でも少額希望の人でも同じように行われます。高額希望でも落ちる人は落ちますし、少額希望でも落ちる人は落ちます。審査は希望額によって違ってくる事はないということになります。

その他の借り先

銀行カードローン

少額の融資を受ける借り先として銀行カードローンもあります。

 

銀行カードローンも個人向けのものがあり、利用目的は自由で借りれますし、少額の融資も大丈夫となっています。

 

金利も消費者金融よりも低金利に設定されているので、消費者金融から借りるよりも条件はいいと言えるでしょう。

 

ならば消費者金融で借りるよりも銀行カードローンで借りたほうが良いのでは?と思うかもしれませんが、銀行カードローンはデメリットがあります。

 

そのデメリットというのが実際にお金を借りるまでに時間がかかるということです。

 

今日銀行カードローンに申し込みしたとしたら、カードが届くのは2週間後ぐらいが平均的なので、実際に借りれるのは2週間後ぐらいということになります。

 

ですので、今すぐお金が必要という方に銀行カードローンは向いていません。

 

お金が必要になる時って、多くの場合がなるべく早く欲しいという時でしょう。いつでもいいので1万円借りたいとはならないですよね。今すぐにでも1万円欲しいという人が多いはずです。

 

あと、金利がいくら低いと言っても、消費者金融の無利息期間の金利は0円なので勝ちようがありません。

 

最初にも言いましたが、この無利息期間の間に完済できれば利息を払わずに借りることが出来ます。比較的少額なお金の場合だとある程度早く完済できる可能性が高いですからね。

 

ですので、時間的に余裕があるという方で、これからも繰り返しカードローンを利用するという方は銀行カードローンもいいかもしれませんね。

 

あ、銀行カードローンは審査が厳しいということも頭に入れておいてください。低金利で貸し付けする分審査はどうしても厳しくなってしまいますからね。

 

審査に自信のないという方は、ちょっと銀行カードローンは利用できない可能性が高いですね。

 

クレジットカードキャッシング

今何らかのクレジットカードを持っているという方は、そのクレジットカードにキャッシング機能がすでについていて、融資枠も決められている可能性があります。。

 

クレジットカードを申し込みしたときにキャッシング枠を付けるかどうか?という選択肢があったはずですが、もう覚えていないかもしれませんね。

 

そういった方は、ネットでそのクレジットカードの会員ページにログインして確認してみるといいでしょう。

 

クレジットカードが届いた時の書類などを保管している方は、クレジットカードが張られた紙にいくらまでのキャッシング枠があるか書かれているはずなので確認してみてください。

 

新たに消費者金融に申し込みするのは面倒だという方は、このクレジットカードキャッシングを利用して1万円〜5万円を借りるといいでしょう。

 

キャッシング枠がついていない場合は、新たにそのクレジットカード会社に連絡してキャッシング枠を付けてもらう必要があります。これもまた審査がありますけどね。

 

基本的に消費者金融のほうが無利息期間があるのでお得に借りれるのは間違いないでしょう。

 

親・身内

ある程度少額なお金なので、親や身内に借りるのもありです。

 

消費者金融や銀行カードローンなどに関しては「審査」がありますので、必ず借りれるとは限りません。審査に落ちたらお金は借りれないわけなので。

 

親や身内も貸すか貸さないかの判断はある意味審査になるのかもしれませんが、身分証を提出したり職場への在籍確認といったようなことは行いませんよね。

 

数十万、数百万円という高額なお金ではなく、1万円〜5万円といったある程度少額な金額なので、貸してくれる確率も高いでしょう。

 

ただ、親や身内にはお金のことで心配をかけたくなかったり、いくら少額とは言っても結構生活に困窮している親や身内だったり、何故お金が必要なのかという理由を聞かれるのが嫌という人もいるでしょう。

 

なので、こういった事もあるので消費者金融を利用するのがやはりベストという結論に至りますね。

各消費者金融の最低返済額

返済に関してですが、各消費者金融によって最低返済額が違ってきますので紹介しておきます。

 

プロミス 1,000円
アコム 1,000円
アイフル 4,000円
レイクALSA 3,000円

 

となっています。すぐには返済できなくて少額な融資だけど何回かに分けて返済したいという場合は、最低返済額の低いところを選ぶといいでしょう。

 

1万円と5万円では最低返済額が変わってきます。あくまで最低返済額なので。

 

個人間融資は絶対に利用しない!

少額な融資なのでわざわざ消費者金融や銀行カードローンの審査に受けずに借りたいという人で、ここのところ利用しようとしている人が増えているのが「個人間融資」です。

 

あと、過去に借金を延滞したなどの理由でブラックリスト入りしている方も、消費者金融などの審査に通らないのが分かっているので、個人間融資で借りようとしたりします。

 

個人間融資というのはSNSや掲示板などで、「借りたい人」「貸してもいい人」が投稿しているのにメッセージを送ってやり取りしてお金の貸し借りを個人間でするというものです。

 

「何も知らない人がお金貸してくれるの?」と思う方もいるでしょうが、実際何も知らない人が無償でお金を貸してくれるわけがないのはちょっと考えればわかることです。

 

中絶費用を工面出来なくて困っています。今週中が手術の期限です。15万貸してくれる方いませんか?ブラックで消費者金融等は借入できません。分割でお返しします。お願いします助けてくだい。

 

#お金貸してください
#助けてください
#個人間融資

 

こんな風にツイッターで呟きます。この方の場合だと自分自身はブラックなので、消費者金融から借りれないので誰か貸してくださいってことですよね。

 

確かに、困っているのは分かりますが、普通15万円円もの大金を見ず知らずの人に貸さないですよね。

 

これ引退して返信で、

 

大丈夫ですか?
相談に乗りますのでDMください。

 

みたいな感じで返信があるのです。ここからダイレクトメッセージを使って個人間融資が行われます。

 

ただ、無償で貸してくれるのではなく、これにメッセージを返信しているのは闇金です。多分15万円もの高額融資はしてくれなくて、3万程度を貸し付けてどんどん利息が膨らんでいくという流れになるでしょう。

 

闇金は無審査で貸してくれます。闇金に借りに来るということはブラックということは分かっているので、審査してもそもそもしょうがないですからね。

 

審査は無くても運転免許証などの身分証は提出させられます。好み文章で所在はバレているので逃げることは出来ませんよね。

 

闇金から借りてしまうと、借金はどんどん膨らんでいきますし、住所とかがばれているので返済できなければ嫌がらせが続きます。

 

弁護士などにお願いして対処してもらうのも一つの方法ですが、身分証明書でバレているわけなので個人情報を売られるっていう可能性も出てきます。

 

ですので、個人間融資は絶対に利用しないようにして下さい。

 

更新履歴
page top